おしゃれさんになって友達や彼氏からちやほやされるようになりたい人へ

 

 

 

こんにちは。

ゆりです。

 

 

 

 


今回は

ほんのちょっと変えるだけで

おしゃれになる

あることをお伝えします。

 

 

 

 


とても簡単なのに、

これをするだけで

 

 

 

 


見違えるように

おしゃれになります。

 

 

 

 


ですが、

これを知らないままでは

残念ながら、ださいまま。

 

 

 

 


私もこれを知るまでは

自分なりに

おしゃれをした日も

 

 

 

 


「え、あんたその格好

おかしいよ。」

 

 

 

 


と姉に言われてしまうことが

しばしば。

 

 

 

 


自分ではイケてると思って

おしゃれしただけに

とてもショックを受けました。

 

 

 

f:id:dagakkiaiko:20190112010825j:imagef:id:dagakkiaiko:20190112010917j:image


自信がないまま過ごし、

友達もなかなかできない…

 

 

 

 


ところが、

これを知ってから、

 

 

 

 


「今日もおしゃれだね!」

と毎日褒められる日々。

 

 

 

 


服の写真をSNSにアップするたび、

いいねをめちゃくちゃ

もらえるようになりました。

 

 

 

 


これを知ればあなたも

みんなからおしゃれな人として

認められるようになります。

 

 

 

 


おしゃれな友達をたくさん作り、

読者モデルやインスタグラマーとして

活動するのも夢じゃありません。

 

 

 

 


それは、

 


インナーに気を使うこと

 


です!

 

 

 

 


あなたは普段

「あ、あの人インナーが透けてる…」

と思ったことはありませんか?

 

 

 

 


最近は

肩が開いていたり、

丈が短いトップスが流行っています。

 

 

 

 


しかし、

そういったおしゃれな服を着ていても、

 

 

 

 


ブラジャーの紐が見えていたり、

キャミソールの色が

トップスの色と合っていなかったり、

 

 

 

 


インナーに

気をつけられていないせいで、

 

 

 

 


残念な格好になっている人が

意外と多いんです。

 

 

 

 


インナーに気をつけるポイントは

 

 

 

 


①トップスから見えていないか

(肩や、万歳したときに

お腹などが見えやすい)

 

 

 

 


②見える場合は

色合いを考えてインナーを着る

 

 

 

 


ブラジャーやキャミソールの

肩紐は見えても大丈夫な

デザインのものも

売られていますので

 

 

 

 


それを着るのもいいですね!

 

 

 

 


明日のコーディネートを

チェックするときに忘れないように

 

 

 

 


インナーをチェック

スマホのメモに

書いておいてくださいね!

 

 

 

 


最後まで読んでくださって

ありがとうございました!

 

 

 

 


ゆり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難しいテクニックなしでも、きのうよりも3割り増しでおしゃれに見えます

 

 

こんにちは。

ゆりです。

 

 

 

 


今回は、

簡単におしゃれさんに見える

ある法則をお伝えします。

 

 

 

 


これを守るだけで、

コーディネートに自信がない

なんてことはなくなります!

 

 

 

 


逆にこれを知らないままだと

 

 

 

 


なんだかパッとしない…

センスがない…

 

 

 

 


と悩み続けることになります。

 

 

 

 


この法則を知るまでの私は

お気に入りの服を着ても

 

 

 

 


「なんでその組み合わせに

しちゃったの?」

 

 

 

 


と言われて、

落ち込むばかりでした。

 

 

 

f:id:dagakkiaiko:20190110220841j:image


「コーディネートなんて、

センスのない私には無理!」

 

 

 

 


と諦めて、

毎日ださい組み合わせで

大学に通う日々でした。

 

 

 

 


しかし、

この法則を知ってから、

 

 

 

 


大して気張っておしゃれしなくても

センスが良く見えるように

なったんです!

 

 

 

 


大学でも、

「今日もかわいい服着てるね!

私の服も選んでほしい!」

 

 

 

 


とおしゃれな人として

頼られるようになりました!

 

 

 

f:id:dagakkiaiko:20190110220855j:image


もう、自信のないコーディネートで

学校に行くのをやめにしましょう!

 

 

 

 


毎日おしゃれに

お気に入りの服で過ごしましょう!

 

 

 

 


その法則とは、

 


ゆるピタの法則

 


です!

 

 

 

 


ゆるピタの法則とは

 


①ゆるい、オーバーサイズの

スウェットやニットなどを

トップスに着る

 

 

 

 


②ピタっとした、

スキニーパンツや、

タイトスカートなどを履く

 

 

 

 


これで終わりです!

 

 

 

 


これだけで本当におしゃれになるの?

と不安になるくらい簡単ですよね。

 

 

 

 


でもこれだけで

本当におしゃれに見えるんです。

 

 

 

 


前回サイズ感のことを

お話しましたが、

 

 

 

 


ゆるいサイズと

ピタっとサイズを組み合わせると、

 

 

 

 


シンプルなアイテムでも

こなれて見えます!

 

 

 

 


明日のコーディネートで

ぜひ試してみてください!

 

 

 

 


忘れてしまわないように、

「ゆるピタ」とスマホのメモに

書いておいてくださいね。

 

 

 

 


最後まで読んでくださって

ありがとうございました!

 

 

 

 


ゆり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ださい人の99%が知らない、おしゃれになるために知っておかなければならないこと

 

 

 

こんにちは。

ゆりです。

 

 

 

 


今回はおしゃれになるために

必ず知っておかなければ

いけないことを紹介します。

 

 

 

 


これを知ることで、

あなたは

ださい人から1歩リードできます。

 

 

 

 


逆に知らないままだと、

たくさん服を買ったとしても

ださいまま。

 

 

 

 


せっかく買った服も、

あなたをおしゃれに

みせてはくれないでしょう。

 

 

 

 


私もこれを知るまでは、

お店に行っても、

何を買えばいいのかわかりませんでした。

 

 

 

 


「かわいい!」

と思って衝動買いしたり、

雑誌で見た服を買っても、

 

 

 

 


似合わないし、

ださい。

 

 

 

 


「自分にセンスがないからだ」

と諦めて、

 

 

 

 


ださい自分のまま

生きていくしかありませんでした。

 

 

f:id:dagakkiaiko:20190110011329j:image

 


しかし、

これを知ってから、

 

 

 

 


お店で服を買うのが、

とても楽しく、

 

 

 

 


しかも、

何をどう着ればおしゃれか

わかるようになりました!

 

 

f:id:dagakkiaiko:20190110011339j:image

 


あなたも

この方法を知って、

ださい自分から抜け出しましょう!

 

 

 

 


おしゃれグループの仲間入りをし、

たくさんの友達と

楽しい学生生活を送りましょう!

 

 

 

 


それは、

 


サイズ感を考えて服を着る

 


です。

 

 

 

 


あなたがいつも着ている服は

着丈や袖の長さなど、

あなたを素敵にみせてくれていますか?

 

 

 

 


試着せずに服を買って、

微妙な丈のまま着ていませんか?

 

 

 

 


サイズ感はスーツなど

フォーマルな服装のときでも

とても重要なことです。

 

 

 

 


ダボダボのスーツを着ている人は

なんだかだらしないし、

 

 

 

 


「ちゃんとサイズを測って買わない

ズボラな人」

のように思いませんか?

 

 

 

 


サイズ感で印象は

ガラッと変わるんです。

 

 

 

 


サイズ感が合う服を買う方法は

 

 

 

 


①まず自分の体のサイズを知る

(肩幅やウエスト、足の長さなど)

 

 

 

 


②試着してしっくりくるか

確かめる

 

 

 

 


しっくりくるサイズ感が

わからないんじゃん!

 

 

 

 


というあなた。

 

 

 

 


試着を恐れていませんか?

 

 

 

 


同じ服でも

サイズを変えてみると、

 

 

 

 


ワンサイズ小さい方が

しっくりくる

 

 

 

 


ってこともあるんです。

 

 

 

 


おしゃれな人は

できる限り試着をして服を買います。

 

 

 

 


サイズ感で

おしゃれかどうかが決まることを

よく知っているからです。

 

 

 

 


あなたが持っている服で

あなたに合ったサイズ感の服は

どれだけあるでしょうか?

 

 

 

 

 

ぜひ自分に合う

サイズ感の服で

クローゼットをいっぱいにしてください!

 

 

 

 

 

 

次に服を買うときに

忘れてしまわないように

 

 

 

 


サイズ感とスマホのメモに

ぜひ書いておいてくださいね!

 

 

 

 


最後まで読んでくださって

ありがとうございました。

 

 

 

 


ゆり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして!ゆりと申します!

こんにちは!

ゆりと申します。

 

 

 

現在私は大学で

たくさんの友達と

 

 

 

サークルの活動や旅行、

カフェのバイトなど

毎日を楽しんでいます。

 

 

 

しかし

大学入学当初の私は自分に自信がなく、

いつもうつむいていました。

 

 

 

私はファッションに疎くて、

ださい自分がとても嫌でした。

 

 

 

「おしゃれになりたい」

と思ってはいましたが、

 

 

 

何を着たらいいか

わかりませんでした…

 

 

 

そのため、

毎朝服を選ぶのにとても時間がかかり、

 

 

 

選んでも、

「これでいいのかな…」と

悩むばかり。

 

 

 

ダサくて自分に自信がないせいで、

大学に入学しても人とうまく話せず、

友達がなかなか出来ませんでした。

 

 

 

このままでは

 

 

 

せっかく大学生になったのに、

友達も全然できず、

楽しめないまま卒業してしまう

 

 

 

と不安になりました。

 

 

 

そこで、もっとおしゃれになって

自分に自信をつけるため、

ファッション誌を読むことにしました。

 

 

 

私はそれまで

ファッション誌を買うことが恥ずかしく、

ちゃんと読んだことがなかったので、

 

 

 

最初は知らないブランドや

アイテムの名前に戸惑いました。

 

 

 

でも、読んでいるうちに

だんだん楽しくなり、

 

 

 

ファッションの知識が

ついている気がしました。

 

 

 

ファッション誌をお手本にして

自分の服でコーディネートを

してみることにしました。

 

 

 

重ね着がとても苦手だった私ですが、

ファッション誌を見てみると、

自分にも出来そうな気がしたので、

挑戦してみることにしました。

 

 

 

ファッション誌のおかげで

 

 

 

いつもよりも

自分に自信を持って

コーディネートすることが

出来ました。

 

 

 

自身がついた私は

その日はそのまま大学に行きました。

 

 

 

講義が始まる前、

教室に行くと、

 

 

 

いつもよりも

人と目が合うのがわかりました。

 

 

 

はじめはなぜなのか

わかりませんでしたが、

 

 

 

唯一仲のよかった友達に

「今日の服なんか変じゃない?」

と言われてしまいました。

 

 

 

その日の私はとてつもなく

ださかったのです…

 

 

家に帰ってから

姉からも指摘されましたが、

 

 

 

雑誌で重ね着を見て挑戦したものの、

柄も系統もバラバラ。

 

 

 

人と目が合う気がしたのは

私のださい格好が

視線を集めていたせいでした。

 

 

 

私は次の日の講義を休むくらい

ショックでした。

 

 

 

自分にはおしゃれになる

センスがないんだ

 

 

 

と絶望的な気持ちになりました。

 

 

 

もうダサくて注目を浴びたくない、

と思い

 

 

 

私はモノトーンの服ばかり

着るようになっていました。

 

 

 

母や社会人の姉には

「またそんな暗い服ばっかり着て!」

 

 

 

と毎日馬鹿にされました。

 

 

 

でも、変なコーディネートに

してしまうくらいなら

暗い方がましだと思っていました。

 

 

 

ある日姉の誕生日が近かったので、

何がほしいか聞くと

スカートと言っていたので、

 

 

 

自信がなかったのですが、

姉のためにプレゼントしてあげたい

と思いました。

 

 

 

自分に自信がなくて

お店に行くのも嫌だったので、

 

 

 

ネットで注文することにしました。

 

 

 

たくさん商品があり、

なにがなんだか分かりませんでしたが、

 

 

 

自分なりに姉に似合うと思うスカートを

選ぶことができました。

 

 

 

喜んでもらえるのを楽しみに

姉の誕生日に注文したスカートを

プレゼントしました。

 

 

 

ところが、

「なにこのダサいの!

申し訳ないけどこんなの着ない!」

 

 

 

と言われてしまいました。

 

 

 

私はかわいいと言ってもらえると

思っていたので、

 

 

 

とてもショックでした。 

 

 

 

もう洋服は一生誰にも

プレゼントしないでおこうと

思ったほどです。

 

 

 

ある日、ダサいのは

センスがないからしょうがないけど、

 

 

 

「せめて、髪型だけでも」

と思って美容院に行きました。

 

 

 

美容院に行くと

とてもおしゃれで可愛らしい

美容師さんが担当してくれました。

 

 

 

自分に自信がなくて

人と話すことも

苦手になっていた私でしたが、

 

 

 

とても気さくで

明るい美容師さんだったので

 

 

 

私もつられてたくさん

おしゃべりすることができました。

 

 

 

話していると

「シンプルな格好されてますね〜!

いつもどこでお買い物してるの?」

 

 

 

と聞かれてしまいました。

 

 

 

私は自分の服の話題になったことが

とても恥ずかしかったのですが、

 

 

「どうせ美容院に来た時しか

会わないし…」

 

 

 

と開き直って、

 

 

 

自分がださくて

かなり気にしていることや、

 

 

 

どうやって買い物したら

おしゃれになるのかわからなくて

悩んでいる話などをしました。

 

 

 

話を聞き終わった美容師さんは

 

 

 

「そんなに難しく考えることないよ!

教えてあげようか?」

 

 

 

と私に言いました。

 

 

 

私は急なことに驚きましたが、

話を聞いてみることにしました。

 

 

 

 

その美容師さんの話に

私は目から鱗が落ちました。

 

 

 

 

今まで自分が悩んでいたのが

バカバカしくなるほど

 

 

 

簡単にオシャレになる方法

教えてもらえたのです。

 

 

 

私は次の日

早速教えてもらった方法で

服を選んでみました。

 

 

 

大学に行くとすぐに友達が、

「今日なんか雰囲気違うね!

かわいい!」

 

 

 

と、褒めてくれました。

 

 

 

「かわいい」って言われるなんて

今までの私では考えられない!

 

 

 

とめちゃくちゃ驚き、

信じられませんでした!

 

 

 

その次の日からも

コーディネートに困ることがなく、

私は魔法にでもかかった気分でいました。

 

 

 

あんなに毎日憂鬱だった洋服選びが

楽しくなっていったのです。

 

 

 

母にも姉にも

ダサいと馬鹿にされることがなくなり、

 

 

 

むしろ、

「今日の服もいいじゃん」

と言ってもらえるようになりました。

 

 

 

毎日美容師さんに教わったことを

実践していくうちに

 

 

 

「服を買いに行きたい」

と思えるようになっていました。

 

 

 

そこで、

友達を勇気を出して誘ってみました。

 

 

 

ショッピングモールに着くと、

私はすぐに自分の変化に気づきました。

 

 

 

自分が何を着たいのか、

何を買えばいいのかが

すぐにわかるのです。

 

 

 

今までの私なら

同じ服の色違いで

どれを買うか悩みまくり、

 

 

 

試着室に入ってしまったが最後、

あまりピンときていなくても

買う羽目になる…

 

 

 

ところが、

その時の私は

 

 

 

自分の着たい服、

似合う服が驚くほど

わかりました。

 

 

 

その日は

とても満足した買い物ができました。

 

 

 

友達はそんな私を見て

「私もそんな風に上手に買い物できたらな〜」

と言ってくれたので、

 

 

 

私は美容院で美容師さんに

おしゃれする方法を教えてもらったから

 

 

 

着る服も買う服も

選びやすくなったことを

話しました。

 

 

 

「私も大学入っても

全然おしゃれになれなくて困ってた!

私にも教えて!」

 

 

 

とその友達は言うので

教えてあげることにしました。

 

 

 

「簡単だけど、意識したことなかった!

あしたから実践してみる!」

と友達は喜んでいました。

 

 

 

それから、

友達はセンスのない私でもわかるほど

みるみるおしゃれになっていきました。

 

 

 

そして、

いつのまにか読者モデルを

始めていました(笑)

 

 

 

知らない間に始めていたので

驚きましたが、

 

 

 

美容師さんに教えてもらった方法が

本当におしゃれになれる方法なんだ

自信を持ちました。

 

 

 

私とその友達は

ファッションの話をするのが楽しくなり、

 

 

 

学科ではおしゃれな2人組として

飲み会などに誘ってもらえることも

増えました。

 

 

おしゃれになってから、

確実に友達が増えました。

 

 

 

ある日、ゼミの後輩にも

おしゃれになりたいので

何か方法を教えてほしいと頼まれました。

 

 

 

後輩は

「彼氏がおしゃれなので、

自分にダサいダサいと言ってきて悔しい。

おしゃれになって見返したい」

 

 

 

と言っていました。

 

 

 

私が美容師さんに教わった方法を

教えてあげると

その後輩はすぐにその方法を実践し、

 

 

 

「あの子センスがいいよね」

と言われるようになっていました。

 

 

 

そして、ダサいと言ってくる彼氏よりも

さらにおしゃれな彼氏をゲットしました。

 

 

 

私はこんな簡単な方法で

みんながおしゃれになるなら

 

 

 

もっと多くの昔の私のように

ダサくて困っている人に

教えてあげたい!

 

 

 

と思うようになりました。

 

 

 

 

美容師さんに教わった方法を

私なりにわかりやすくまとめ、

発信していくことにしました。

 

 

 

 

次はあなたの番です!

 

 

 

それではこれからこの

ブログでどんどん発信して行くんで

ぜひ見てくださいね!

 

 

 

今すぐ読者登録だけ

してみてください!

 

 

 

それではこれからよろしくおねがいします!

 

 

ゆり